前腕の血管が浮き出る外国人のトレーニングを紹介!【筋トレ】

前腕の血管を浮き出したい人「前腕の血管が浮き出る人ってかっこいいよな。特にシルベスター・スタローンの前腕は血管が浮き出すぎてすごすぎる。どうやったらあんな前腕を手に入れられるのだろう?」

このような疑問に答えていきます。

★本記事の内容

  • シルベスター・スタローンの筋トレメニュー
  • 前腕の血管を浮き出すための筋トレメニュー

こんにちは、Daisukeです。

みなさん、筋トレがんばってますか?

筋トレをして1番筋トレをしてる感が目立つのは、脚でもなく、背中でもなく、腕ですよね。

特に夏なんかは、半そでを着ると前腕があらわになるので目立ちます。

そんな時、前腕がバッキバキの人を見るとすごいと思います。

この記事では、前腕バッキバキで血管が浮き出るようになるための方法を紹介していきます。

前腕の血管がすごいシルベスター・スタローン

衝撃のシルベスター・スタローンの前腕

シルベスター・スタローンといえば、映画「ランボー」、「ロッキー」、「エクスペンダブルズ」などでかっこいいアクションを見せてくれます。

そしてシルベスター・スタローンといえば、筋肉だと思います。

70歳を超えたいいおじいちゃんにも関わらずいまだにあの筋肉を維持しているのはすごいと思います。

そんなシルベスター・スタローンの筋肉についてググっているとある写真を見つけました。

僕はその写真に衝撃を受けました。

それがこちらです。

シンプルなファッションでかっこいいですが、それよりも前腕の血管がはち切れそうなくらい浮き出ています。

僕はこの画像を見てからこんな前腕になりたいなと思うようになりました。

そして腕トレのモチベーションが下がってきているときはこの画像を見てモチベーションを上げています。

シルベスター・スタローンの前腕の筋トレメニュー

どんなトレーニングをしたらあんな血管が浮き出る前腕になるのか気になって調べてみました。

いろいろ調べるとどうやらシルベスター・スタローンは週6でジムでトレーニングを行うそうです。

しかも午前と午後の2回に分けて行うそうです。

その中でも「ランボー」、「ロッキー」、「エクスペンダブルズ」の撮影のための4週間行ったハードなトレーニングメニューを海外のサイトで見つけました。

Sylvester Stallone Workout Routine, Bodybuilding, and Diet Plan

月、水、金の午前

月曜、水曜、金曜の午前中は、背中腹筋です。

  • インクラインベンチプレス(4セット、8~10回)
  • ダンベルフライ(4セット、10~12回)
  • クローズグリップベンチプレス(5セット、6~8回)
  • ワイドグリップチンニング(6セット、8~10回)
  • ベントオーバーワンアームラテラルレイズ(4セット、8~10回)
  • クローズグリップシーテッドロウ(4セット、10~12回)
  • レイズドレッグクランチ(3セット、8~10回)
  • シーテッドエクステンション(3セット、8~10回)

月、水、金の午後

午後は、、そしてまた腹筋です。

  • ミリタリープレス(4セット、8~10回)
  • サイドラテラルレイズ(4セット、10~12回)
  • ベントオーバーダンベルフライ(5セット、6~8回)
  • バーベルカール(3セット、8~10回)
  • シーテッドインクラインダンベルカール(3セット、8~10回)
  • コンセントレーションカール(4セット、10~12回)
  • ライイングサイドレイズ(3セット、8~10回)
  • ベントオーバーワンアームラテラルレイズ(3セット、8~10回)
  • ケーブルプルダウン(3セット、10回)
  • レッグレイズ(3セット、8~10回)
  • デクラインシットアップ(3セット、8~10回)
  • オブリーククランチ(3セット、6~8回)

火、木、土の午前

火曜、木曜、土曜の午前はふくらはぎ大腿のトレーニングです。

  • シーテッドカーフレイズ(4セット、8~10回)
  • スタンディングカーフレイズ(4セット、10~12回)
  • スタンディングバーベルオルタネートカーフレイズ(5セット、8~12回)
  • インクラインレッグプレス(4セット、8~10回)
  • スクワット(4セット、8~10回)
  • シーテッドレッグエクステンション(4セット、8~10回)
  • レッグカール(4セット、10~12回)
  • レッグエクステンション(4セット、10~12回)
  • スティッフレッグデッドリフト(4セット、10~12回)

火、木、土の午後

午後は、三角筋僧帽筋、そして腹筋です。

  • リアデルトフライ(4セット、8~10回)
  • ケーブルクロスオーバー(4セット、10~12回)
  • リバースペックデックフライ(5セット、8~12回)
  • バーベルシュラッグ(4セット、8~10回)
  • バーベルアップライトロウ(4セット、8~10回)
  • フラットベンチケーブルロウトゥネック(4セット、8~10回)
  • アブクランチ(4セット、8回)
  • オブリーククランチ(4セット、10回)
  • ケーブルクランチ(4セット、10~12回)

前腕の血管が浮き出る方法

シルベスター・スタローンのトレーニングでバーベルカールなど腕を鍛える種目はありましたが、前腕を鍛える種目は見つからなかったので前腕を鍛える種目を紹介していきます。

リストカール

手首を軸にして前腕を収縮させるのを意識して動かします。

前腕は他の筋肉と違い、低負荷高反復させるのが重要なので20回から30回で限界が来る重量で行いましょう。

★ポイント

  • 肘を固定する
  • 下ろすときにギリギリまで指を伸ばしきる
  • 戻すときに収縮させる

リバースリストカール

先ほどのリストカールの手を逆に持ち替えて同じように行います。

またバーベルがない場合にはダンベルでもリストカールを行うことができます。

ハンマーカール

ハンマーカールは、上腕二頭筋と腕橈骨筋を鍛えることができます。

★ポイント

  • 手のひらを内側に向ける
  • 肘を少しだけ後ろに出す
  • 少し肘を開く
  • 上げきったところで筋肉を収縮させる

グーパー法

器具も場所も選ばずどこでもできるトレーニングです。

どこでもできますが、お風呂の中でやると効果的です。

地味ですが、回数を重ねていくとじわじわつらくなってきます。

まとめ

シルベスター・スタローンのような肉体、そして前腕で血管が浮き出るようにするには、過酷なトレーニングが必要だということがわかりました。

彼のような前腕になりたいなら彼のトレーニングをまねてみるのもいいですが、そこそこの血管が浮き出る感じでいいという人は適度にリストカールハンマーカールなどをやって血管を浮き出していきましょう。

この記事を読んでいただいた人の中で、1人でも前腕の血管が浮き出る筋トレの方法が参考になった人がいれば、うれしいです。

これで、終わります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!